第62回京都大学11月祭

新型コロナウイルスへの対応

2020/7/27

新型コロナウイルス感染症の流行が続いている現状に鑑み、この度、第62回京都大学11月祭につきまして、当初予定していた日程での開催をとりやめることが決定されました。

楽しみにしていただいていた皆さまには申し訳なく存じますが、何卒ご了承のほどお願いいたします。

なお、11月祭の開催自体を断念したわけではございません。オンライン開催などを含めた延期開催を検討中です。何らかの形で第62回京都大学11月祭を開催したいと考えております。


決定理由

これまで第62回京都大学11月祭を当初予定していた日程で開催することを目標として、ガイドライン案の作成をはじめとする様々な準備をしてまいりましたが、現時点で以下のような問題点が存在しています。

  1. 11月祭は10万人規模のイベントであるため、感染者が参加する可能性があり、必要十分な対策をとることが難しい、もしくは必要十分な対策が開催規模に大きな影響を及ぼす。
  2. 11月祭は不特定多数の人間が集まるため、11月祭が原因で感染者が発生したときに、従来の形態では感染経路の特定や追跡が難しい。
  3. 感染状況が回復していくことを想定してガイドラインを作成してきたが、最近の情勢を見ても改善しているとは言えず、ガイドラインの大幅な見直しが必要になる。また、政府による大規模イベントの人数制限緩和が延期された。
  4. 上記の事項や規模縮小・オンライン開催等の是非について十分に検討することができておらず、検討する十分な時間もない。

11月祭の開催が大きな意義を持つ一方で、むやみな開催は11月祭が持つ価値を損失させるおそれがあります。

また、万が一感染者が発生した場合、課外活動や授業だけでなく様々な諸活動がさらなる制約を受けることとなり、「学生らの自主的運営による主体的な活動によって創造されるさまざまな価値」を尊重すべきとする11月祭は、これらに関して積極的に留意すべきであると考えます。以上を踏まえまして、第62回京都大学11月祭に関して、当初予定していた日程での開催を取りやめることが決定されました。


この件に関するご意見、お問い合わせ等は下記メールアドレスにお願いします。

Our response to the coronavirus(COVID-19)

2020/7/27

Due to the spread of COVID-19, we have made a decision that we are not going to hold 62nd November Festival as scheduled.

We are very sorry to everyone who are looking forward to joining the festival.

We don't abondon holding the festival itself. We want to hold the festival by all means: we are now considering putting off and holding the festival on line.


Reason for the decision

We have prepared for holding November Festival as scheduled and formulated guidelines, but we are now facing the following difficulties.

  1. About 100 thousand people come to the festival, thus it is difficult to establish countermeasure against the spread of the coronavirus. When we carry out the countermeasure, the festival will be scaled down greatly.
  2. Because unspecified large number of people come to the festival, it is difficult to specify and trace the route of infections when someone who joins the festival is infected.
  3. We have estimated that the pandemic of the coronavirus would be ceased or at least ameliorated, but the situation are not improved. Therefore, we have to reconsider the countermeasures we formulated. Also, the Japanese government put it off to remove the ban of large-scale events.
  4. There is not enough time to consider the things we have mentioned, and we don't have enough time to investigate further countermeasures such as scaling down the festival or holding the festival on line.

It is meaningful to hold the festival, but holding the festival thoughtlessly would lose the value of November Festival itself.

Also, appearance of the infected person in the festival makes our activities as a university student difficult. Considering that the respect for the diverse value created through the independent activities of the students is the basic principle of November Festival, we have to pay attention to that.

Therefore, it is decided not to hold 62nd November Festival as scheduled.


If you have any questions about this, please ask us by E-mail.