メニュー
そうだったのか!イメージ立て看板の学べるデザイン

クスノキ前にある紅白の看板は、第60回11月祭の「イメージ立て看板」である。
60にちなんだネタをふんだんに取り入れたので、解き明かしてみよう。

イメージ立て看板の全体像
画像1

θ=60°

1ラジアンとは[ア]のことである。[ア]に当てはまるものを次の⓪~③のうちから一つ選べ。
⓪半径が1,面積が1の扇型の中心角の大きさ
①半径がπ,面積が1の扇形の中心角の大きさ
②半径が1,弧の長さが1の扇形の中心角の大きさ
③半径がπ,弧の長さが1の扇形の中心角の大きさ

画像2

第60代内閣総理大臣

池田勇人は京都帝国大学法学部の出身である。初めて総理に就任した年の下2桁は60であり、彼は60歳であった。10年で国民所得を2倍にすると宣言し、「所得倍増計画」を実現させた。京都大学出身の総理は近衛文麿と合わせて二人だけである。また戦後、東京都以外に位置する日本の大学を卒業した唯一の総理でもある。

画像3

ダイヤモンド婚式

1年目は紙、2年目は藁、3年目は革、4年目は花、5年目は木である。6~8、10、11年目は金属で、鉄、銅、青銅、アルミ、鋼鉄である。25年目が銀、50年目が金である。40年目がルビー、45年目がサファイア。55年目がエメラルドである。75年目はプラチナである。60カラットは12gであり、2013年同量のピンクダイヤが83億円で落札された。

画像4

フラーレン

閉殻空洞状の一連の炭素単体群のこと。炭素原子60個から成る、球状の炭素クラスター分子C60が代表例。頂点が60個あるということで、正五角形12個、正六角形20個を組み合わせたサッカーボールの形と同じである。C60以外にもC70, C80などが存在することが知られているが、C60が最も安定する。名は建築家バックミンスター・フラーに由来する。

画像5

還暦

人間であれば、赤いちゃんちゃんこを着る歳である。干支は戊戌。干支とは「十干十二支」のことであり、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」を組み合わせて、年月日時を表す。また「還暦」には、生まれ変わりという意味もある。60回目を盛大に祝い、新元号と迎える第61回11月祭も期待したい。

画像6

福禄寿

七福神の一柱。中国の道教で希求される「幸福」と「富貴」、「長寿」を兼ね備えているとされる。日本には禅宗と関連する水墨画の題材として導入された。本来は、背が低く長頭で、長いひげをはやし(長頭短身鬚髯)、経巻をむすんだ杖をもち、鶴をつれた姿であらわされる。御名を何度も口に出すと、こう聞こえるだろう「祝・六十」と。

画像7

商用周波数60Hzの地域

日本は、およそフォッサマグナによって50Hzと60Hzの地域に分けられる。明治時代に、前者はドイツ、後者はアメリカから発電機を導入したことに起因する。ところで、哲学の道を通る琵琶湖疏水は、東京遷都後、衰退する京都を再興するためにつくられた。蹴上などには発電所も建設され、市電も走った。疎水建設の予算は、当初60万円だった。

画像8

第6循環

グラフは昭和40年11月から、昭和45年7月までの日経平均株価である。この時期は「いざなぎ景気」にあたる。拡大期は57ヵ月間続いた。グラフの時期は後退期と合わせて、内閣府により、第6循環と名付けられている。また、技術革新を主要因とし50~60年を周期とする景気の波を旧ソ連の経済学者の名にちなんでコンドラチェフの波という。

画像9

京都タワーと紅葉

東京タワーを描いてしまったので、京都タワーを描かないわけにはいかない。本学のエンブレムはクスノキであり、紅葉ではない。まして、銀杏でもない。

画像10

60°プリズム

プリズムの頂角が大きければ大きいほど、より広い角度で光が分散する。しかし60度を超えてしまうと、全反射などの悪影響が強くなる。正三角形もつくる稀有な数だ。

画像11

東京タワーと銀杏

京大の学園祭の正式名称を「11月祭」とすることが決まった昭和33年、東京タワーが完成した。高さ333mであり、3が並ぶことで有名。東京タワーは今年60歳である。

画像12

六文字

京都大学からは、五山の送り火で有名な大文字山がよく見える。8月16日午後8時に点火される。「大」の字の1画目は80m、2画目160m、3画目は120mである。

画像13

六重塔

五重塔には屋根が六枚あることをご存知だろうか。裳階(もこし)と呼ばれる、屋根とは別の廂(ひさし)が一つあるのだ。看板では、裳階は省略している。つまり……

画像14

ネオジム

元素記号Nd、原子番号60、原子量144.2。永久磁石で名高い。磁石にあるのはNとSだが京大にあるのはNとF。NFとは、11月祭(November Festival)のこと。

画像15

クスノキ

京大の象徴であるクスノキ。実は2代目である。初代は室戸台風に倒れた。クスノキ科クスノキ属の常緑高木。すなわち、緑の樹である。つまりは常緑樹である。緑樹ぅ……

画像16

六方晶系

互いに 60 度で交わる長さの等しい3本の結晶軸が一平面上にあり、さらに3本の交点を通る結晶軸を持つ。六角柱を基本とする。水晶やネオジムが属する。

画像17

ジッグラト

紀元前3100年ごろ、シュメール人によってウル・ウルクなどの都市国家が成立した。メソポタミア文明と呼ばれ、60進法や太陰暦が使われた。図は、都市の中心部に築かれた聖塔ジッグラトである。旧約聖書「創世記」では、バビロンのものが「バベルの塔」として伝えられている。

画像18

11+13+17+19

「1と自分自身以外に約数を持たない数」のことを素数という。(3, 5)、(5, 7)のように差が2である素数の組を双子素数という。また、4個の素数の組で、(p, p + 2, p + 6, p + 8) となるものを四つ子素数という。さらに、(11, 17)、(13, 19)の組はセクシー素数である。

広告