トップへ戻る


会計局


◆ 会計局とは


 会計局は、その名の通り11月祭事務局の金銭管理を行う部局です。また、11月祭に関わる物品の管理も担当しており、1年間を通じてお金と物品の管理を行っています。会計局がないと11月祭が回らないと言っても過言ではない重要な部局です。

 夏休み中には、事務局が使っている倉庫の整理や、11月祭期間中の保険の契約などもやってもらいます。夏休みが明けると、企画対応を担う一員として、各企画から預かる保証金の管理や物品の斡旋、販売といったお金に関わる業務を一括して行います。

 11月祭期間中は、総合対応局とともに吉田南構内のトラブルの対処や企画の対応をします。特に、各企画への物品の配布、販売、返却受付の指揮を執るのは会計局の大きな仕事の一つになります。

 会計局と聞くと、裏方なイメージがあり、あまり対外的な仕事ができないと思う人もいるかもしれませんが、実際にはレンタル業者や保険会社、一般企画など、様々な方と関わることができます。これら多くの人々と交渉しながら11月祭を支えていけることは、会計局の大きな魅力の一つです。1年を通して11月祭全体のお金と物品を管理するため、責任は重大ですが、その分とてもやりがいのある部局です。



この部局に入る前に

 会計局は忙しい時期が他部局と異なる特殊な部局です。2回生が引退するまでは会計局員としては少し物足りない思いをするかもしれません。それに対して、2回生では重要な仕事が多い上に各学年に1人しかいないので、会計局員は突然の仕事が入るとまず間違いなくBOXに呼び出されたりと、突然忙しくなります。このため、平日の日中にBOXにいられる人の方が会計局に向いているかもしれません。

 お金の管理をするのは、大きな責任を背負うことになります。会計局は信用と責任によって成り立っていますので、入る場合はこのことをよく考慮しておいてください。少しでも会計局に興味を持った方は、気軽に声を掛けに来てください。