第62回京都大学11月祭

統一テーマ

統一テーマ案募集について

第62回京都大学11月祭の統一テーマ募集を行います。

応募ページへ

募集期間

5月29日(金)0:00~6月7日(日)23:55

募集要項

  • ご応募頂いた統一テーマ案の中から投票により本年度の統一テーマを決定します。

  • 募集はPENGUIN(11月祭公式Webアプリケーション)上で行います。

  • テーマだけでなく、200字程度の趣意文(50字以上必須)も合わせてご応募下さい。

  • 外国語を使用される場合はわかりやすいものにして頂くようお願いいたします。

  • 採用された統一テーマ及び趣意文は11月祭公式Webサイトやビラ、公式パンフレットなどで広報され、11月祭公式グッズ等にも利用される可能性があります。

  • 11月祭の趣意に反するもの、特定の個人・団体を中傷するもの、公序良俗に反するものなどは統一テーマ案として認められません。

  • 新型コロナウイルスの影響で今年度の11月祭が延期・中止となった場合、ご応募頂いた統一テーマは全て破棄させて頂きますのでご了承下さい。

統一テーマ投票について

ご応募頂いた統一テーマ案の中から本年度の統一テーマを投票で決定します。

投票方法

PENGUIN(11月祭公式Webアプリケーション)上で投票を行います。

予備投票で得票数10位までの案で決選投票を行い、決選投票で最も得票数が多かった案が本年度の統一テーマとなります。

予備投票

6月29日(月)0:00 〜 7月5日(日)23:55

決選投票

7月13日(月)0:00 〜 8月2日(日)23:55

過去の統一テーマ

第61回 2019(令和元)年

ふざけんな、ふざけろよ

~趣意文~
ここ数年の京都大学には「京都大学らしさ」があまり感じられないというのが本音である。おもろい京大、自由の京大というものはこの程度のものでいいのだろうか。学生として真面目であるのは大いに結構であるが、また同時に学生として本気でふざけることも大切なのではないだろうか。年に一度の11月祭、胸を張って「これが京都大学だ」と学生一同で叫びたい。

第60回 2018(平成30)年

(NFテーマは当局により撤去されました)

第59回 2017(平成29)年

戦争に加担した大学から平和を希求する大学へ 軍事研究するヒマがあったら、みんなで肩組んで騒ごうぜ!

第58回 2016(平成28)年

ぽきたw 魔剤ンゴ!? ありえん良さみが深いw 京大からのNFで優勝せえへん? そり!そりすぎてソリになったw や、漏れのモタクと化したことのNASA✋ そりでわ、無限に練りをしまつ ぽやしみ~

第57回 2015(平成27)年

ばっかお前・・・俺がついてるだろ!

第56回 2014(平成26)年

「    」

第55回 2013(平成25)年

京大を、取り戻す。大学の理想、形を物語るのは、学生であります。

第54回 2012(平成24)年

NFって、出席点ありますか?

第53回 2011(平成23)年

年に一度の計画発電

第52回 2010(平成22)年

仕分けできないムダがある

第51回 2009(平成21)年

失った常識のかわりに

第50回 2008(平成20)年

単位より大切ななにかを求めて

第49回 2007(平成19)年

満喫! モラトリアム。

第48回 2006(平成18)年

溢れる才能の無駄使い

第47回 2005(平成17)年

せっかくだから

第46回 2004(平成16)年

倒れる時は前のめり

第45回 2003(平成15)年

やっぱ京大やし。

第44回 2002(平成14)年

総長! 京都を占拠致しました!

第43回 2001(平成13)年

それはそれ これはこれ

第42回 2000(平成12)年

無人島ダンス

第41回 1999(平成11)年

素晴らしき無駄なエネルギー

第40回 1998(平成10)年

堕落の道も一歩より

第39回 1997(平成9)年

狂うは一時の恥、狂わぬは一生の恥

第38回 1996(平成8)年

知と痴の融合

第37回 1995(平成7)年

我輩は京大生である 理性はもうない

第36回 1994(平成6)年

古今東西 有実無題 若気至りて無限大

第35回 1993(平成5)年

花も実もある 根も葉もない

第34回 1992(平成4)年

人が右なら 私は左

第33回 1991(平成3)年

ヤルハ粋狂、 ヤラヌハ卑怯

第32回 1990(平成2)年

・・・・・・そして創造-草の根からのルネッサンス

第31回 1989(平成元)年

堕落への誘い

第30回 1988(昭和63)年

裏からのぞけば 見えてくる

第29回 1987(昭和62)年

白い乳房の上の11月祭

第28回 1986(昭和61)年

えっせん あーす げげっせん よんせん はっせん

第27回 1985(昭和60)年

もうすぐきっと冬になる 騒ぐんだったら 今のうち

第26回 1984(昭和59)年

海を、荒れた海を見つめながら 彼女は呟いた 「わたしは誰?」

第25回 1983(昭和58)年

万声一京 極祭色 騒がぬ民に 盛りなし

第24回 1982(昭和57)年

草の根も 花も咲いたら ひざまずき ひろひとおがんで むせび泣く 人は昔にゃ戻れないピーピーヒャララ ピーヒャララ

第23回 1981(昭和56)年

今、戦争と平和の対峙の時 80年代の行く手を示す羅針盤を我らの手に

第22回 1980(昭和55)年

友よ! この変革のとき 時代の胎動に耳をすまし 共に奏でよう 希望の交響楽を

第21回 1979(昭和54)年

今、新しい時代に立ち向かう仲間たちよ 数百年を内蔵する思想を持とうではないか

第20回 1978(昭和53)年

振りかえれ人類の歴史を みつめよう青年の未来を もどすな歴史の歯車 我らの文化は我らの手で

第19回 1977(昭和52)年

明日に生きる我ら 未来を信じて突き進め 創れ 学生の心を 築け 学生の文化を

第18回 1976(昭和51)年

燃やそう! 新しい文化の炎を 研ぎ澄まそう!若き知性を 学術文化の奔流よ築け! 若者の未来を!

第17回 1975(昭和50)年

流れの中 動かざるものを求めて

第16回 1974(昭和49)年

今、矛盾の中で叫びが―さて君はどうする 人間不在の危機的現実 その根源と背景

第15回 1973(昭和48)年

創造の火を! 連帯の輪を! 今こそ君が手に反戦・自由の歌

第14回 1972(昭和47)年

嵐を突き 燃え拡がる変革の炎 歴史に問んとする我ら 研ぎすませ! 理性の目 生きた思考 創ろう! 新しい大学そして科学

第13回 1971(昭和46)年

闇を裂き 燃えあがる松明 凝視せよ! 今この時 虚飾にまみれた城郭は浮かびあがった 打ち砕け! 友よ湧きおこる怒りをこめて・・・・・・

第12回 1970(昭和45)年

歴史の試練に応えんとする我ら 失うまい 奔流の中で科学者の目を! いつわりの孤高に別れをつげ 人民の連帯の息吹をだきしめよう 君のその精悍の腕でがっしりと

第11回 1969(昭和44)年

みずからの手で 新しい大学の創造を 豊かな文化の創造を 京大からの真実の声を そして連帯を 日本の夜明けめざして・・・・・・

第10回 1968(昭和43)年

思索から連帯へ!終章。 永訣の朝-B52。君たちの祖国70年6月23日 友よ 自己と日本解放の日は近い

第9回 1967(昭和42)年

のばそう大学に新しい芽を 築け展がれ人類の知恵 鳴らせ高らかに創造のつのぶえ おしよせる戦火の嵐ふきとばし 進め固めて反戦自由の道

第8回 1966(昭和41)年

青年よ その眸で真実を見よ

第7回 1965(昭和40)年

新しい歴史は僕らの手で せまりくる嵐のなか わだつみの声をのりこえて 真実を求め ともに考え前進しよう 真の学問文化を追求するなかで

第6回 1964(昭和39)年

ああ自然死-このナチュラルなもの

第5回 1963(昭和38)年

噛む時には言葉を考えるな

第4回 1962(昭和37)年

故郷喪失の時代と僕ら

第3回 1961(昭和36)年

仮眠の季節における僕たちのあいさつ

第2回 1960(昭和35)年

独占資本主義社会におけるマゾヒズムとサディズムの意識

第1回 1959(昭和34)年

戦後派意識の解明